【初心者向けFX・09】スマホ版「MT4」の導入とトレード方法

初心者向け9ステップ講座。最後となる9回目は、通勤中や出掛先などでも、隙を見てトレードや分析ができるように「スマホ版「MT4」の導入とトレード方法」を紹介ます。

スポンサーリンク

スマホ版「MT4」の導入とトレード方法

スマホ版 MT4の導入

まずは自分のスマホに「MT4」のアプリをインストールしてください。恐らく、アプリの検索画面で「MT4」と入力すると「MetaTrader 4」というアプリがヒットすると思います。

導入後、アプリを起動すると、サーバーへのログインを求められるので、PC版の時と同じように必要情報を入力し、ログインしましょう(ここで必要となる情報は、登録時に届いたメールにパスワード以外は記載されています)

各種ペアの追加

スマホ版MT4にログインできたら、左下「気配値」のボタンを押します。「気配値」の画面になったら、右上+マークを押して、表示ペアを増やしていきます。

並び順も上記の通りにしてください。追加順を間違えて並びが変わってしまったという方は、左上鉛筆マークを押すことで、ペアの並び替えや削除が可能です。

インジケーターの追加

「気配値」の画面で見たいペアを押すと「チャート」という項目が表示されるので押します。するとそのペアのチャートが表示されるかと思います(チャート画面には下のタブ「チャート」を押すことで移動することもできます)

チャート画面に来たら、画面上にある「f」のマークを押し、インジケーターを追加していきます。メインウィンドウに3つ、サブウインドウに2つ表示させることができます。

背景やローソク足の色も各自見やすいように変更してみてください。「設定」タブ >「チャート」>「カラー」で変更できると思います。

トレード方法

画面下「トレード」を押すと売買画面になるので、右上+マークからエントリー画面に移り、購入します。

エントリー後は「トレード」タブの画面でポジションの確認が出来ます。ポジションを左にスライドすると、決済ボタン編集ボタンが出てきます。チェックマークが決済、鉛筆マークが損切りなどの設定や編集です。

まとめ

以上、スマホ版「MT4」の導入とトレード手法でした。スマホ版も慣れればかなり使いやすく、分析もトレードも問題なく行えますが、エントリーと決済をワンクリックで行えないので、その点だけは注意が必要です。移動中暇な方や、外で時間を持て余した時には、是非ともスマートフォンを用いて、分析やトレードを行ってみてください。

記事を読んで分からない箇所があれば個別に連絡ください。

個別講座開催中!

為替・FX の個別講座開催中!

現在、為替・FX の個別講座を開催中です。全く為替のことを知らないような初心者向コースと、既にある程度の知識のある経験者コースの2種類あるので、気になる方は下記のリンクから詳細をご覧ください。質問等も受け付け中です。

詳細はこちら → クリック

Twitter

Twitter

使用した参考書

使用した参考書

   
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)