【今から始めるFX】第01回:基礎の基礎!為替・FXとは

スポンサーリンク

基礎の基礎!為替・FXとは

これからFXの世界に飛び込もうと考えている方、興味はあるけどやり方が分からないという方、色々な人がいるかと思いますが、そもそも「為替」とは何かご存知でしょうか。また同様に「FX」とはどのような意味であるのかご存知でしょうか。

もしかすると既にトレードをしているという方も、正確には知らないかも知れません。もちろん知らずともトレード自体はできますが、本質を捉えているのといないのでは、後に大きく差が開くことがあるので、ここで事前に知識として入れておくのが良いかと思います。

為替とは

為替を「2つの通貨を交換すること」だと思っている方が多いですが、実はこれは正しくありません。為替本来の意味は現金を直接使わずに支払いをすること」になります。

日本では江戸時代に大きく為替が発達したといわれています。江戸の商人が大坂の商人に代金を支払う場合など、江戸の商人が両替商に代金を渡して為替手形という支払いを依頼した証書を発行してもらい、大坂の商人に届け、その手形を受取った大坂の商人は指定の両替商に持って行き、代金を受取る。この方法を用いることで、現金を直接届ける際の盗難などの危険を回避していたのです。

このように古くから使用されていた為替ですが、現在は大きく2種類に分かれます。1つは、クレジットカードを使用した際の銀行口座からの引き落としなど現金が国境を跨がない「内国為替」。もう1つは、2つの国際通貨を交換する「外国為替」です。現在一般的な為替の意味として使われているのがこの「外国為替」になります。

為替レートとは

為替レートとは、外国為替で重要となる通貨の交換比率のことです。為替レートは買いたい人と売りたい人の需要と供給によって決定されます。輸出入に伴う通貨の交換や、為替の変動を利用して利益を得ようとする投資家に売買により、為替レートは日々動いています。

FXとは

FXとは「Foreign Exchange」の略で、正式名称は外国為替証拠金取引といいます。円は勿論のこと、ドルやユーロ、ポンドなどの通貨そのものを買ったり売ったりする取引です。

例えば、1米ドル=100円で買ったとします。これを1米ドル=110円で売れば、10円の利益が出ます。これを為替差益といい、FXはこの為替差益を狙った取引になります。

また、FXにはレバレッジという特徴があります。「テコの原理」という意味をつ「レバー」が語源となっており、少ない投資額で大きな投資を可能する仕組みとなっています。

例えば、手元に10万円の資金があったとします。このとき、レバレッジを10倍かけると、資金10万円×レバレッジ10倍の計算で、100万円分の取引可能となるわけです。

先ほどの売買の例で考えるとレバレッジの凄さがよく分かります。まず、レバレッジ無しの場合。資金10万円で1米ドル=100円を買えるだけ買ったとします(10万円÷100円=1000枚)これを1米ドル=110円で売れば、10円×1000枚=1万円の利益です。次にレバレッジ10倍の場合、資金10万円で1米ドル=100円を買えるだけ買ったとします(10万円÷100円=10000枚)これを1米ドル=110円で売れば、10円×10000枚=10万円の利益です。

このように、同じ資金でも多くの利益を得ることができる仕組みこそレバレッジなのです。もちろん、同じ資金でもレバレッジを高くすれば高くするほど、リスクも高くなるということは忘れないようにして下さい。

まとめ

以上、初心者向け9ステップ講座の1回目「基礎の基礎!為替・FXとは」でした。意味を知って初めて見えてくるものもあります。せっかく始めるのならば、基礎知識はしっかり身に付けていきましょう。

国内FXと海外FXの違い 「国内の業者を使うか」「海外の業者を使うか」たったこれだけの違いですが、FXでは様々なことが異なって...
個別講座開催中!

為替・FX の個別講座開催中!

現在、為替・FX の個別講座を開催中です。全く為替のことを知らないような初心者向コースと、既にある程度の知識のある経験者コースの2種類あるので、気になる方は下記のリンクから詳細をご覧ください。質問等も受け付け中です。

詳細はこちら → クリック

Twitter

Twitter

使用した参考書

使用した参考書

   
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)