【FX・知識】寝る前にポジションを持つと楽しい

今回は、「最近のひそかな楽しみ」について書いていきます。

スポンサーリンク

寝る前にポジションを持つと楽しい

最近、寝る前にエントリーして放置するようにしています。朝起きたとき、資産が増えているか、減っているか、決済されていないか、毎朝の確認が楽しいです。

自分なりのルールを持って臨む

寝てポジションを放置する際には損切値と決済値の設定は必須になります。トレーディングストップを設定しておけば不要かも知れませんが、その場合でも最初の損切ラインは設定しておくようにしましょう。

私の場合は、損切ラインを20pips以内、決済ラインを30pips以内と決めています。今のところ一番勝率が良いのは、損切ライン18pips、決算ライン28pipsです。

エントリーして寝るまでの流れ

帰宅中、スマホでチャートを確認し、ターゲットとなる通貨ペアをいくつか決めておきます。帰宅後、お風呂や食事など諸々済ませ、のんびりする時間が来たらPCでチャートを確認します。帰宅中に決めたターゲットペアを中心に長時間保有の可能性を考え、4時間足や1時間足でこれから先の動きを予測します。経済指標の発表がある通貨はその影響も見越しておく必要があるので、自信のある場合以外は避けるようにしましょう。最終的にエントリーする通貨ペアが決まったら、15分足で確認し「押し目買い」「戻り売り」でエントリーして寝ます。

今回は、「押し目買い・戻り売り」について書いていきます。 押し目買い・戻し売り、N字を意識して大きく勝つ チャートは「N字」を描きながら...

まとめ

朝イチで資産が減っていると1日中悔しい気持ちが残るので、夜のエントリーが慎重になります。夜中の活発な動きを狙ってエントリーすることになるので、数時間先まで見通すことが重要です。これを毎日行い勝率を上げることで、相場の分析力や損切ライン・決済ラインの判断力相当身に付くので、是非ともやってみてください。

個別講座開催中!

為替・FX の個別講座開催中!

現在、為替・FX の個別講座を開催中です。全く為替のことを知らないような初心者向コースと、既にある程度の知識のある経験者コースの2種類あるので、気になる方は下記のリンクから詳細をご覧ください。質問等も受け付け中です。

詳細はこちら → クリック

Twitter

Twitter

使用した参考書

使用した参考書

   
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)