トレーダーへの最短ルート

スポンサーリンク
レクタングル(横大)

これからトレーダーとして稼いでいきたい人向けに、勉強すべき内容や必要な工程、考え方などをいくつかの段階に分けて紹介していきます。このページに記載されている内容とリンク先の記事まで読み込むことで、私と同程度のトレードはできるようになるかと思います。

スポンサーリンク

トレーダーへの最短ルート

基礎知識、環境構築、応用知識、手法、に分けて紹介していきます。

基礎知識

始めて為替・FXに挑戦するという方は、全く何も知らないところからのスタートになるかと思います。いきなり始めてしまう前に、下記のキーワード内容は理解しておくことをオススメします。

  • 為替
  • FX
  • 国内FX
  • 海外FX
  • ロット
  • pips

これらの内容を分かりやすく3つの記事にまとめたので、自分で調べるという方以外は下記リンクから参照頂ければと思います。

基礎知識 記事まとめ

環境構築

基礎知識を身に付けた後はいよいよ環境構築です。私が使用している「XM」という海外FX業者の口座開設方法やツール導入方法を記事としてまとめているので、自分が使いたい業者が決まっていないという方やどこの業者を使っていいのか分からないという方は参考にしてみてください。

環境構築 記事まとめ

応用知識

環境構築が終わればもうトレードを行うことができます。しかし、いきなりトレードしてみてください。と言われても困ると思うので、先に勝つために必要な知識を付けてから臨むようにしましょう。

  • リスクオン
  • リスクオフ
  • トレンド
  • トレンドライン
  • レジスタンスライン
  • サポートライン
  • ダウ理論
  • エリオット波動

上記内容は応用知識と言いながらもトレーダーの常識ともいえるものばかりです。知らずにやるのと知ってやるのでは成長速度が大きく変わってくるので、先に調べるようにしましょう。調べて何となく理解した内容を実際のトレードを通し、知識として落とし込んでください。

こちらは随時記事としてまとめていくので細目にリンク先をチェックしてみてください。記事の投稿はツイッター「@munifx_com」からも知ることができます。

応用知識 記事まとめ

手法

ここまで順当に進んで、トレードに臨み始めという方には、私が使用している手法を1つ紹介します。原点にして頂点と言われている手法です。使うものは下記の通り。

  • 市場心理
  • ダウ理論
  • 移動平均線
  • トレンドライン
  • レジサポライン

この「市場心理を用いたライントレード」は、かなり実力を伴う手法なため、習得には時間がかかるかも知れません。しかし、この手法をマスターすれば、どの通貨ペアでも戦える、レベルの高いトレーダーになることができます。

シンプルながらも、トレーダーとして必要な力を多く身に付けることができる手法ですので、随時追加される記事を参考にしつつ、取り組んでみてください。

Twitter

使用した参考書

  
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする